ウォーターサーバーを飲み比べてみよう

手軽においしい水が飲めたり、赤ちゃんのミルクに適していたりと、最近ウォーターサーバーが人気になっています。しかし、ウォーターサーバーを取り扱っている会社はとても多く、どこの会社から水を購入するのがいいのか悩んでいるという人は多いと思います。そして、どこの会社の水にしようか考えているとき、ウォーターサーバーの機能やデザイン、価格だけでどこの会社に依頼をするかを決めている人が多くいます。しかし、水の味や飲み心地も大事ですので、そこの部分も会社選びの判断材料にすることをおすすめします。 普段、水を飲んでいる時に「おいしい」「まずい」を判断することはありません。むしろ水に味の違いはないと思っている人もいます。しかし、実際に飲み比べをしてみると結構違いがでてきます。水には硬度というものがあり、その硬度によって口当たりや味などが変わってきます。日本人の口に合いやすいのは軟水と言われています。しかし、硬度の高い水にはミネラルが豊富に含まれていますので、美容や健康を気にする人には硬度の高い水が好まれるかもしれません。しかし、硬度の高い水にはクセがあるので、美容や健康を気にする人に硬度の高い水を一概に勧めることはできません。 人にはそれぞれ味や口当たりに好みがあります。それは他の人にはわかりずらく、自分にしかわからないので、自分で実際に飲んでみて、どの水が自分に一番合っているのかを確かめてみることをお勧めします。

USEFUL SITE

サントリーと言うとウイスキーを連想しますが、それ以外にも清涼飲料、炭酸飲料、サプリメント、スキンケアを扱っています。

 

一般家庭への普及率が上昇

近年様々な場所でみかけるようになったウォーターサーバーですが、100%とは言えませんが一般家庭への普及率もかなり上がってきています。本来であれば水というものは蛇口をひねれば出てくるものです、水道水のカルキの匂いが気になるのであればコンビニやスーパーなどで箱で売っているミネラルウォーターという選択肢もあるはずです。 では何故一般家庭への普及率が上がっているかと言うと、最大の理由は安全な水が飲めるという点です。サーバーに使用される水は業者が独自に調査し選んだ水源から採取し清潔な工場から綺麗なボトルに入れられ家庭などに届きます。また採取からボトル詰めまでの工程で不純物が入らないので長期保存も可能です、未開封なら最大で半年程度、開けてしまっていてもおよそ2週間程度は持ちます。 このように安心して飲める水を長期保存できる点がオフィスやお店などの他に一般家庭に普及した理由と言えます。 また近年では自然災害に対する危機意識が高まっています、万が一自分の住む地域に大規模な自然災害が起こったときに飲み水は貴重になりますので、いざという時の飲料水としてウォーターサーバーを利用している方も多くなっています。 水道水はカルキの匂いが気になる、また汚染の心配がある。ミネラルウォーターはコストがかかる、完全に安心して飲めない。などの理由でウォーターサーバーを利用する人が増えているのが普及率増加の要因であると言えます。